世界美術大全集  東洋編 第12巻

肥塚 隆【責任編集】

長らく戦火にさらされていた巨大寺院アンコール・ワット、黄金の大地に3000のパゴダが輝く仏教遺跡パガン建築と彫刻が高度な精神性で融合した寺院ボロブドゥール等カンボジア、ヴェトナム、タイ、ラオス、ミャンマー、インドネシア各政府の全面協力を得て、最新・最高の東南アジア美術を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説 東南アジア文化と「東南アジア化」
  • 第1章 カンボジアの美術
  • 第2章 ヴェトナムの美術
  • 第3章 タイ・ラオスの美術
  • 第4章 ミャンマーの美術
  • 第5章 インドネシアの美術
  • 第6章 先史美術と工芸
  • テーマ特集(東南アジアの土着的造形
  • 描かれた家屋 ほか)
  • 作品解説
  • 資料(東南アジア寺院建築の構成と呼称
  • 東南アジア世界の変遷 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界美術大全集
著作者等 肥塚 隆
書名ヨミ セカイ ビジュツ ダイゼンシュウ
書名別名 東南アジア

New history of world art
巻冊次 東洋編 第12巻
出版元 小学館
刊行年月 2001.1
ページ数 462p
大きさ 38cm
ISBN 4096010626
NCID BA49615386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20126023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
東南アジア 肥塚 隆
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想