温泉旅行記

嵐山光三郎 著

自称・温泉王が太鼓判を押した名湯の数々。団体が押し寄せず、勘ちがいした懐石料理も出ず、源泉に近く、24時間入浴可能、ひっそり、のんびり湯にひたる…。人情味あふれる宿の人々との交流も楽しみの一つ。浴衣姿、手拭い片手に、下駄をカラコロ、近くを散歩するも良し。読めば温泉気分まちがいなし。ついガマンできず発作的に温泉へ行きたくなる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 牧水『みなかみ紀行』でいろいろと考えた-川原湯(群馬)・沢渡(群馬)・草津(群馬)・小瀬(長野)
  • 春眠の鯨は海に沈みおり-白浜(和歌山)・勝浦(和歌山)・太地(和歌山)・川湯(和歌山)
  • なぜブンジンは温泉にはまったか-奥湯河原(神奈川)・箱根塔之沢(神奈川)
  • 湯の沢にざぶりざぶりと蛇いちご-玉川(秋田)・後生掛(秋田)・鶴の湯(秋田)
  • 瞳忌や荒れるパドック上山-上山(山形)・碁点(山形)
  • 台風に追われて北海道温泉旅-登別(北海道)・ニセコ薬師(北海道)・二股ラジウム(北海道)・八雲(北海道)
  • 夏の温泉は川沿いに限るぞ-宝泉寺(大分)・壁湯(大分)・川底(大分)
  • こおろぎも湯上りで鳴く松江城-城崎(兵庫)・関金(鳥取)・松江(島根)
  • 長いあとがき-岩下(山梨)・道後(愛媛)・古里(鹿児島)・指宿(鹿児島)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 温泉旅行記
著作者等 嵐山 光三郎
書名ヨミ オンセン リョコウキ
書名別名 Onsen ryokoki
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.12
ページ数 315p
大きさ 15cm
ISBN 4480035893
NCID BA49607650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20130561
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想