古琉球

伊波普猷 著 ; 外間守善 校訂

薩摩藩による支配に続く明治政府による沖縄と沖縄人に対する不当な差別を目の当たりに見、骨身にしみて育った「沖縄学の父」伊波普猷。本書は、彼が沖縄の歴史・言語・民俗を探究した、沖縄学樹立の記念碑的作品であり、歌謡集『おもろさうし』とともに沖縄を知るための必読の古典である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 琉球人の祖先に就いて
  • 琉球史の趨勢
  • 沖縄人の最大欠点
  • 進化論より見たる沖縄の廃藩置県
  • 土塊石片録
  • 浦添考
  • 島尻といえる名称
  • 阿麻和利考
  • 琉球に於ける倭寇の史料
  • 琉球文にて記せる最後の金石文〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古琉球
著作者等 伊波 普猷
外間 守善
新村 出
書名ヨミ コリュウキュウ
書名別名 Koryukyu
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.12
ページ数 487p
大きさ 15cm
ISBN 400381021X
NCID BA49605247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想