横井時敬と日本農業教育発達史

三好信浩 著

外国教師の手から離れて自立化を果たした日本の産業教育の展開を、それを駆動させた人物を中心にして記述する三部作の第二巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 農業の人となる(肥後実学党の精神風土
  • 駒場農学校の学卒人材 ほか)
  • 第2章 日本農業の国際関係(日本農業と西洋農学
  • ドイツへの留学体験 ほか)
  • 第3章 農業立国の人的基盤(立国の基礎としての農業
  • 農村荒廃の危機的状況 ほか)
  • 第4章 農業の人づくり活動(単行書による啓発活動
  • 論説と演説による啓発活動 ほか)
  • 第5章 横井時敬と東京農業大学(大日本農会の教育事業
  • 横井時敬による学校経営 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 横井時敬と日本農業教育発達史
著作者等 三好 信浩
書名ヨミ ヨコイ トキヨシ ト ニホン ノウギョウ キョウイク ハッタツシ
書名別名 Yokoi tokiyoshi to nihon nogyo kyoiku hattatsushi
シリーズ名 産業教育人物史研究 2
出版元 風間書房
刊行年月 2000.11
ページ数 405p
大きさ 22cm
ISBN 4759912282
NCID BA49597626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20146408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想