オペラハウスは狂気の館 : 19世紀オペラの社会史

ミヒャエル・ヴァルター 著 ; 小山田豊 訳

社会学的アプローチによる新たなオペラ研究の幕開け。夢と野望を求めて繰り広げられる、劇場の激情。台本作家×作曲者×歌手、王侯×貴族×市民階級。オペラを動かす人物は?権力を握るのは誰?いま暴かれる壮絶な舞台裏。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イタリア-スタジョーネとインプレサリオ
  • 第2章 フランス-パリとオペラ座
  • 第3章 ドイツ-宮廷歌劇場と市立劇場
  • 第4章 台本作家
  • 第5章 オペラ歌手
  • 第6章 オペラ作曲家
  • 第7章 著作権
  • 第8章 「作品」の概念と著作権、そして契約の形態
  • 第9章 オペラと政治
  • 第10章 検閲とオペラ
  • 第11章 オペラの観客

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オペラハウスは狂気の館 : 19世紀オペラの社会史
著作者等 Walter, Michael
小山田 豊
ヴァルター ミヒャエル
書名ヨミ オペラ ハウス ワ キョウキ ノ ヤカタ : 19セイキ オペラ ノ シャカイシ
書名別名 Die Oper ist ein Irrenhaus
出版元 春秋社
刊行年月 2000.11
ページ数 479, 44p
大きさ 22cm
ISBN 4393930126
NCID BA49596168
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20136100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想