マックス・ヴェーバーの新世紀 : 変容する日本社会と認識の転回

橋本努, 橋本直人, 矢野善郎 編

日本のヴェーバー研究の到達点と可能性。日本を代表するヴェーバー研究者たちが一堂に会し、ヴィヴィッドな討議を繰りひろげたシンポジウム「マックス・ヴェーバーと近代日本」。その成果である本書は、最新のヴェーバー研究の水準と、新世紀にむけて継承すべき課題を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代の行方-「グローバル化社会」を問題化する(ヴェーバリアン的問題としてのグローバル化
  • マックス・ヴェーバーとタルコット・パーソンズ-「資本主義の精神」のとらえ方をめぐって ほか)
  • 2 人間像の変貌-ヴェーバーと「善き生」の理念(文化の普遍史と現代-文化的生の「ドイツ的形式」マックス・ヴェーバー
  • 何故に日本のヴェーバー研究はニーチェ的モーメントを欠落させてきたか ほか)
  • 3 歴史からの眼差し-ヴェーバーの時代を読む(マックス・ウェーバーの「パーリア」論
  • ウェーバーの大統領制論とワイマル共和国崩壊の憲政史的問題 ほか)
  • 4 テキストとの対話-批判的解釈の地平(『シュタムラー論文』の意義
  • 資本主義の精神における「教育」の契機-日本の『倫理』解釈史からの一考察 ほか)
  • 資料編(ウェーバー的問題の今日的意義-シンポジウム「マックス・ヴェーバーと近代日本」に向けて
  • 問いの絶えざる再生のために-シンポジウム「マックス・ヴェーバーと近代日本」を終えて ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マックス・ヴェーバーの新世紀 : 変容する日本社会と認識の転回
著作者等 Schwentker, Wolfgang
上山 安敏
住谷 一彦
佐久間 孝正
佐野 誠
内田 芳明
向井 守
嘉目 克彦
大西 晴樹
富永 健一
山之内 靖
折原 浩
橋本 努
橋本 直人
浜井 修
牧野 雅彦
矢野 善郎
石田 雄
長尾 竜一
雀部 幸隆
中西 武史
書名ヨミ マックス ヴェーバー ノ シンセイキ : ヘンヨウスル ニホン シャカイ ト ニンシキ ノ テンカイ
書名別名 Makkusu veba no shinseiki
出版元 未來社
刊行年月 2000.11
ページ数 351, 22p
大きさ 22cm
ISBN 462440050X
NCID BA49530920
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「合わない頭をつけたトルソ」から「頭のない五肢体部分」へ : 『マックス・ヴェーバー全集』(『経済と社会』「旧稿」該当巻)編纂の現状と問題点 折原 浩
『シュタムラー論文』の意義 向井 守
『儒教と道教』再読 長尾 竜一
ウェーバーの大統領制論とワイマル共和国崩壊の憲政史的問題 雀部 幸隆
ウェーバー学の両義性について 濱井修
ウェーバー的問題の今日的意義 : シンポジウム「マックス・ヴェーバーと近代日本」に向けて 橋本 努
エスニシティ・ネイションの「政治・国家社会学」としての『経済と社会』 佐久間 孝正
エッセイ「マックス・ヴェーバー研究」 : 歴史は社会科学的認識の本質的基礎である(ホーニクスハイム) 住谷 一彦
マックス・ウェーバーの「パーリア」論 上山 安敏
マックス・ヴェーバーとタルコット・パーソンズ : 「資本主義の精神」のとらえ方をめぐって 富永 健一
ヴェーバリアン的問題としてのグローバル化 ヴォルフガング・シュヴェントカー, 中西武史
ヴェーバー『古代ユダヤ教』と私の研究史 内田 芳明
ヴェーバー・テーゼと歴史研究 大西 晴樹
一九六四年前後 : 日本におけるウェーバー研究の一転機 石田 雄
何故に日本のヴェーバー研究はニーチェ的モーメントを欠落させてきたか 山之内 靖
問いの絶えざる再生のために : シンポジウム「マックス・ヴェーバーと近代日本」を終えて 橋本 直人
尊敬すべき敵関係 : シュミット『政治的なものの概念』におけるヴェーバーの批判的受容について 佐野 誠
政治史と文化史との間 : マックス・ウェーバーと歴史学「方法論争」 牧野 雅彦
文化の普遍史と現代 : 文化的生の「ドイツ的形式」とマックス・ウェーバー 嘉目 克彦
方法論的合理主義の可能性 : 「合理化史観」の呪縛を超えて 矢野 善郎
日本のヴェーバー研究の今日的課題 : シンポジウム「マックス・ヴェーバーと近代日本」を振り返って 矢野 善郎
社会科学と主体 : ウェーバー研究の根本問題 橋本 努
資本主義の精神における「教育」の契機 : 日本の『倫理』解釈史からの一考察 橋本 直人
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想