家族臨床の社会学

畠中宗一 著

家族の具体的な問題の解決に向けて、インターベンションを可能にする専門性の確立を目指し、問題認識に関する想像力・発想への視座を提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「現代社会」と「家族関係」(「現代社会」の特徴と「家族関係」の現代的特質
  • 「現代社会」と「家族関係」をめぐるタブー
  • 求められているものは何か:それぞれの折り合い)
  • 第2部 私事化する家族問題(子ども虐待の社会学的アセスメント
  • 不登校の社会学的アセスメント
  • インセストの社会学的アセスメント)
  • 第3部 「家族臨床の社会学」の構想(家族臨床の基礎
  • 「家族臨床の社会学」の講想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族臨床の社会学
著作者等 畠中 宗一
書名ヨミ カゾク リンショウ ノ シャカイガク
書名別名 Kazoku rinsho no shakaigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2000.12
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4790708470
NCID BA49523903
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20146367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想