敵対的企業買収の法理論

徳本穰 著

敵対的企業買収は、今日、米国やヨーロッパを中心に、多発しており、それに伴い、法制度、判例理論、学説等の状況も変化してゆくと予想される。本書では、敵対的企業買収における中心的課題である。対抗措置の問題に、焦点を合わせて研究している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序
  • 第2章 日本法
  • 第3章 アメリカ法
  • 第4章 ドイツ法
  • 第5章 批判論の検討
  • 第6章 解釈論の理論的限界
  • 第7章 結び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 敵対的企業買収の法理論
著作者等 徳本 穰
書名ヨミ テキタイテキ キギョウ バイシュウ ノ ホウ リロン
出版元 九州大学出版会
刊行年月 2000.11
ページ数 157, 2p
大きさ 22cm
ISBN 4873786568
NCID BA49523594
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20134239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想