記紀の考古学

森浩一 著

記紀(古事記・日本書紀)が物語る歴史を考古学の資料と方法で検証、森古代学の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イワレ彦とその妻たち
  • タケハニヤス彦とミマキイリ彦の戦い
  • 箸墓古墳と纒向遺跡
  • 大和古墳群と大王陵
  • 倭大国魂神と中山大塚古墳
  • イクメイリ彦の諸問題
  • アメノヒボコ
  • ヤマトタケルと白鳥
  • オオタラシ彦の大旅行
  • タラシナカツ彦の死をめぐって
  • 神功皇后をめぐって
  • 応神天皇と日向の髪長媛
  • 仁徳天皇と皇后磐之媛
  • 仁徳天皇と都市づくり
  • 仁徳天皇の子供たち
  • 倭王興から倭王武のころ
  • 伊勢と出雲での二つの発掘
  • 越と継体・欽明王朝

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記紀の考古学
著作者等 森 浩一
書名ヨミ キキ ノ コウコガク
シリーズ名 日本書紀
古事記
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2000.12
ページ数 349p
大きさ 20cm
ISBN 4022575557
NCID BA49487311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20132373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想