視覚心理学への招待 : 見えの世界へのアプローチ

大山正 著

研究法の確立が早かった視覚研究においては古典的研究が現代でも充分意義をもっている。本書では、形、空間、運動の視知覚を、現代の研究動向にも目を配りながら、体系的に述べた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 視覚の世界
  • 第2章 色と明るさ
  • 第3章 図と地
  • 第4章 形の知覚
  • 第5章 見えのまとまり:群化
  • 第6章 錯視
  • 第7章 3次元空間の知覚
  • 第8章 運動の知覚
  • 第9章 知覚と認知

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 視覚心理学への招待 : 見えの世界へのアプローチ
著作者等 大山 正
梅本 尭夫
書名ヨミ シカク シンリガク エノ ショウタイ : ミエ ノ セカイ エノ アプローチ
シリーズ名 新心理学ライブラリ / 梅本尭夫, 大山正 監修 18
出版元 サイエンス社
刊行年月 2000.11
ページ数 251p
大きさ 21cm
ISBN 4781909639
NCID BA49463550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20134349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想