初期キリスト教美術・ビザンティン美術

ジョン・ラウデン 著 ; 益田朋幸 訳

[目次]

  • イコノクラスム以前の美術(神と救済-キリスト教美術の形成
  • 皇帝と聖者-コンスタンティノポリスと東方世界
  • 異教徒と銀行家-ラヴェンナと西方世界)
  • イコノクラスム(イコンか偶像か?-聖像論争)
  • イコノクラスム以後の美術(正統と革新-ビザンティン美術 860‐960年頃
  • 聖なる空間-聖堂装飾 960‐1100年頃
  • 聖なる書物-写本挿絵 976‐1100年頃)
  • ビザンティン美術の拡散(認識と受容-12世紀イタリアの美術
  • 危機と持続-コンスタンティノポリス略奪
  • 時代の終わり?-コンスタンティノポリス奪還と陥落 1261‐1453年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 初期キリスト教美術・ビザンティン美術
著作者等 Lowden, John
益田 朋幸
ラウデン ジョン
書名ヨミ ショキ キリストキョウ ビジュツ ビザンティン ビジュツ
書名別名 Early Christian & Byzantine art

Shoki kirisutokyo bijutsu bizantin bijutsu
シリーズ名 岩波世界の美術 / 青柳正規, 酒井忠康, 高階秀爾 編
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.11
ページ数 447p
大きさ 22cm
ISBN 4000089234
NCID BA49432976
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20136282
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想