吉永仁郎戯曲集  4

吉永仁郎 著

重さと軽さの織り成す独自の劇世界、力作三篇。文学の鬼に囚われた三人の女「しりたまはずやわがこひは-藤村と女たち-」、日記の中に韜晦した孤高凄絶の晩年「正午浅草 荷風小伝」、女流作家とそれにかしずく男達の奏でる奇妙な協和音「二人だけのお葬式-かの子と一平-」、近代日本文学の巨星を追う三部作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吉永仁郎戯曲集
著作者等 吉永 仁郎
書名ヨミ ヨシナガ ジロウ ギキョクシュウ
書名別名 Yoshinaga jiro gikyokushu
巻冊次 4
出版元 宝文館
刊行年月 1999.6
ページ数 282p
大きさ 20cm
ISBN 4832014994
NCID BA49420900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99128838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想