吉永仁郎戯曲集  2

吉永仁郎 著

江戸から東京へ、激動の中をしたたかに生きる落語長屋の住人たち「季節はずれの長屋の花見」、北斎・崋山ら江戸の絵師たちが浮彫りにする歴史の自画像「夏の盛りの蝉のように」、中村屋相馬黒光との愛の確執の中で儚く消えた明治の青春「彫刻のある風景 新宿角筈」の、重さと軽さの織り成す独自の劇世界、力作三篇を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吉永仁郎戯曲集
著作者等 吉永 仁郎
書名ヨミ ヨシナガ ジロウ ギキョクシュウ
書名別名 Yoshinaga jiro gikyokushu
巻冊次 2
出版元 宝文館
刊行年月 1999.2
ページ数 323p
大きさ 20cm
ISBN 4832014978
NCID BA49419140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99128836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
夏の盛りの蝉のように 吉永 仁郎
季節はずれの長屋の花見 吉永 仁郎
彫刻のある風景 新宿角筈 吉永 仁郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想