臨床日記

シャーンドル・フェレンツィ [著] ; 森茂起 訳

フロイトの一番弟子が1932年に書き付けた臨床日記。相互分析、心的外傷、フロイト批判はじめ、ここに刻まれた内容は、まさに驚異である。精神分析史上に残る最も重要なドキュメントを公刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 分析家の感情欠如(一月七日)
  • 自然で科学的な態度
  • ヒステリーは身体による思考である(一月一〇日)
  • 進行性分裂病-症例(一月一二日)
  • 相互分析とその適用限界(一月一七日)
  • 続相互分析(一月一九日)
  • 他者の意志による暗示、威嚇、押しつけ(一月二四日)
  • 退屈について(一月二六日)
  • ヒステリー性抑圧、転換。カタルシス的退行によるその起源の暴露(一月二八日)
  • カタルシスの破綻とその修復(一月三一日)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床日記
著作者等 Ferenczi, Sándor
森 茂起
Ferenczi S'andor
フェレンツィ シャーンドル
書名ヨミ リンショウ ニッキ
書名別名 Ohne Sympathie keine Heilung

Rinsho nikki
出版元 みすず書房
刊行年月 2000.11
ページ数 323, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4622041170
NCID BA49380409
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20140900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想