社外取締役

大橋敬三 著

低迷を続ける企業業績、相次ぐ不祥事の発覚で経営者の責任が追及され、同時に取締役会の在り方が厳しく問われている。経営の透明性を高め、責任を明確にするため、社外取締役制度導入の機運も高まってきた。社外取締役は何をし、どの程度の権限と責任を持っているのか。アメリカ企業の取締役を務めた経験を踏まえ、GM、フォード、IBM、戦前の日本郵船、東京海上などの事例を検証し、新世紀の日本企業の方向を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本郵船と東京海上-伊藤博文、渋沢栄一、各務鎌吉、平生釟三郎らの見識
  • 第2章 戦中、戦後の日本企業-ユニークな日本式企業経営の生成
  • 第3章 アメリカの自動車会社-巨大企業と千両役者たちの波瀾万丈のドラマ
  • 第4章 シカゴの二つの銀行-競り合った大銀行の焦りと挫折
  • 第5章 アイ・ビー・エム(IBM)-経営トップに対して沸き起こった「辞めろコール」
  • 第6章 三越-名門百貨店に起こったワンマン社長解任劇
  • 第7章 展望・企業はいかにあるべきか-日本企業における社外取締役を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社外取締役
著作者等 大橋 敬三
書名ヨミ シャガイ トリシマリヤク : キギョウ ケイエイ カラ キギョウ トウチ エ
書名別名 企業経営から企業統治へ

Shagai torishimariyaku
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.11
ページ数 192p
大きさ 18cm
ISBN 4121015606
NCID BA49378837
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想