生命はどこからきたか : 宇宙物理学からの視点

桜井邦朋 著

進化する宇宙の中の生命存在の意味を問い、人類の存在理由を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 進化する宇宙の中で
  • 2 元素の起源-生命を作る物質はどこからきたか
  • 3 生命の機構-秩序系の誕生とその維持
  • 4 生命存在の意味-非平衡系としての生命
  • 5 マクスウェルの"知的な魔"-自己組織化を生む機構
  • 6 宇宙に生命は普遍か-地球外知性体を探る試み
  • エピローグ シュレディンガーの遺産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命はどこからきたか : 宇宙物理学からの視点
著作者等 桜井 邦朋
神奈川大学評論編集専門委員会
書名ヨミ セイメイ ワ ドコカラ キタカ : ウチュウ ブツリガク カラノ シテン
シリーズ名 神奈川大学評論ブックレット / 神奈川大学評論編集専門委員会 編 14
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2000.11
ページ数 61p
大きさ 21cm
ISBN 4275018389
NCID BA49367568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20128906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想