ヴィジュアル時代の発想法 : 直感をいかす技術

手塚眞 著

情報整理の本を書かないか、という編集者に対して著者が提案したのは、読者のための発想法の本だった。「情報をどう扱うかということは、発想のためにはどんな情報をもとめるべきかということと切り離せない」はずだ。それは情報を「捨てる!」ことで解決するわけではない。こう考える著者は「発想の壁」を突破する方法として日頃利用している発想法を本書のなかで実践してみせる。「直感の技術」すなわち「偶然という未知のシステム」を意識し、上手に利用することが、閉塞時代の扉を開ける「鍵」なのだ、と。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 情報は整理してはダメ
  • 第2章 偶然の力
  • 第3章 アイデア発想法
  • 第4章 イメージ発想のテクニック
  • 第5章 クリエイティブとはどのようなことか
  • 第6章 映画の発想と情報の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴィジュアル時代の発想法 : 直感をいかす技術
著作者等 手塚 真
書名ヨミ ヴィジュアル ジダイ ノ ハッソウホウ : チョッカン オ イカス ギジュツ
書名別名 Vijuaru jidai no hassoho
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2000.11
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 4087200647
NCID BA49347935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20166260
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想