痴呆の症候学

田邉敬貴 著

本書では、これまで難解とされてきた痴呆疾患でみられる精神神経症候の症例12例をCD‐ROMで呈示するとともに、その症候が精神神経科学的にどのような意味を持つかをできるだけ平易に、かつ実践的に解説した。そして、この症候学的理解をもとに実際の患者さんのケアに際してのポイントも解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ今、痴呆の症候学か
  • 第2章 症候学理解のための機能解剖学
  • 第3章 脳機能の解体は言動に反映される
  • 第4章 三位一体の脳からみた痴呆の異常行動
  • 第5章 アルツハイマー病の症候学
  • 第6章 ピック病の症候学
  • 第7章 痴呆のケア
  • 第8章 薬物療法と看護・介護
  • 第9章 おわりに
  • 付録 痴呆の症例集(CD‐ROM解説集)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 痴呆の症候学
著作者等 田辺 敬貴
田邉 敬貴
書名ヨミ チホウ ノ ショウコウガク
書名別名 Chiho no shokogaku
シリーズ名 神経心理学コレクション / 山鳥重 ほか編
出版元 医学書院
刊行年月 2000.10
ページ数 108p
大きさ 21cm
付随資料 CD-ROM1枚 (12cm)
ISBN 426011848X
NCID BA49345587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20127384
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想