良寛 : 漢詩でよむ生涯

柳田聖山 著

生涯無一物、清貧で無欲の良寛は今でも私たちの胸の中にいます。しかし、その正体はまだまだ多くの謎に包まれています。ここでは良寛がつくった数々の漢詩をよみこなし、それを解き明かしていくことで、良寛が何を考え何を思ったか、生涯をどう生きたかにせまります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大忍国仙の印可状と「草庵雪夜の作」
  • 第2章 「生涯」の詩と円通寺以後
  • 第3章 『法華讃』2首
  • 第4章 「円通寺」2首のあいだ
  • 第5章 「五合庵」と童謡
  • 第6章 「驟雨」の詩とその前後
  • 第7章 「冬夜長し」、良寛の夜をよむ
  • 第8章 「蛾眉山下橋杭に題す」-同時代の中国を考える
  • 第9章 「寛政甲子の夏」と「香積山中に仏事有り」
  • 第10章 「遺偈」4首とその前後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 良寛 : 漢詩でよむ生涯
著作者等 柳田 聖山
書名ヨミ リョウカン : カンシ デ ヨム ショウガイ
書名別名 Ryokan
シリーズ名 NHKライブラリー
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2000.10
ページ数 247p
大きさ 16cm
ISBN 4140841206
NCID BA49344369
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20128614
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想