演出された「楽園」 : バリ島の光と影

エイドリアン・ヴィッカーズ 著 ; 中谷文美 訳

「最後の楽園」バリ。そのイメージはどのようにして創られたか。西欧による「発見」とバリの「自覚」が織り上げた「楽園」の歴史物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 イメージの島、バリ
  • 第1章 野蛮なるバリ
  • 第2章 バリ人のバリ・イメージ-黄金時代から征服まで
  • 第3章 「楽園」バリの誕生
  • 第4章 苦境に立つバリ-1908年〜1965年
  • 第5章 インドネシアのバリ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演出された「楽園」 : バリ島の光と影
著作者等 Vickers, Adrian
中谷 文美
ヴィッカーズ エイドリアン
書名ヨミ エンシュツサレタ ラクエン : バリトウ ノ ヒカリ ト カゲ
書名別名 Bali
出版元 新曜社
刊行年月 2000.11
ページ数 346, 46p
大きさ 20cm
ISBN 4788507420
NCID BA49327053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20125959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想