社寺造営の政治史

山本信吉, 東四柳史明 編

社寺の造営(修造)に関する史料に焦点をあて、それらの造営が多くの場合政治的側面を伴うものであったという共通認識のもとに、各時代において行われた社寺の造営の実態を把握し、その造営が持つ歴史的意義を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 神社修造と社司の成立
  • 建武新政期における東大寺と大勧進
  • 金沢御堂創建の意義について
  • 戦国期能登畠山氏と一宮気多社の造営
  • 中近世移行期における寺社造営の政治性-常陸国一宮鹿島社を例として
  • 両部神道遷宮儀礼考-御流神道を中心として
  • 近世出雲大社の造営遷宮-唯一神道の再興
  • 諸国東照宮の勧請と造営の政治史-長州藩と秋田藩の事例を中心に
  • 近世における地方神社の造営-越前鯖江の舟津神社本殿の再建

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社寺造営の政治史
著作者等 畠山 聡
中野 光浩
山本 信吉
木越 祐馨
東四柳 史明
松尾 恒一
横田 光雄
西岡 和彦
書名ヨミ シャジ ゾウエイ ノ セイジシ
書名別名 Shaji zoei no seijishi
シリーズ名 神社史料研究会叢書 第2輯
出版元 思文閣
刊行年月 2000.12
ページ数 302p
大きさ 22cm
ISBN 4784210512
NCID BA49306701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20146405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想