心理療法と身体

岸本寛史 ほか著

人間が生きていくうえで、どうしても不可欠と考えられる哲学、宗教、教育などは、心理療法とどう関連するのか。心理療法の現場における最新・最大の話題、研究の最先端を提供する。こころと身体には、どのような関係があるのか。クライエントが身体症状として訴えてくるその象徴的意味とは一体何なのか。摂食障害、解離症状、自傷行為など…こころの問題からくる身体の病を抱える人にいかに治療的に関与すべきか、多くの実践から報告する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 心理療法における身体性
  • 癌患者の「意識」と「異界」
  • 表現の砦としての身体
  • 心理療法とミメーシス
  • こころとからだの関係性
  • 対談 「脳」から離れて-多田富雄+河合隼雄

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理療法と身体
著作者等 岸本 寛史
横山 博
河合 隼雄
角野 善宏
高月 玲子
書名ヨミ シンリ リョウホウ ト シンタイ
シリーズ名 講座心理療法 / 河合隼雄 総編集 第4巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.11
ページ数 223p
大きさ 22cm
ISBN 4000265644
NCID BA49293494
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20138227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想