曽我物語の史実と虚構

坂井孝一 著

苦労して宿願を遂げ、若くして散った曽我兄弟の物語は、人々の同情を集め、中世を通して語り継がれ、歌舞伎にも取り入れられた。日本人の魂を揺さぶってきたこの敵討ちの歴史的真実と、物語を生み出した背景に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 真名本『曽我物語』が描く敵討ち(敵討ち前史
  • 敵討ちへの道
  • 敵討ちと曽我兄弟の最期)
  • 『吾妻鏡』が描く敵討ち(『吾妻鏡』という歴史書
  • 兄弟をめぐる武士たち
  • 建久四年の狩りと敵討ち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 曽我物語の史実と虚構
著作者等 坂井 孝一
書名ヨミ ソガ モノガタリ ノ シジツ ト キョコウ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 107
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2000.12
ページ数 208p
大きさ 19cm
ISBN 464205507X
NCID BA49286830
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20142968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想