大日本帝国の時代

由井正臣 著

日清・日露の戦勝に酔いしれた近代国家日本は、その後急速に軍国主義化を強め、朝鮮や満州を植民地化して、ついに前後十五年にわたる無謀な戦争を強行した。日本人はもとよりアジアの人びとに深い心の傷を負わせたこの戦争は、一体なぜ起こったのか?その謎を解明しつつ、大日本帝国が今日に残した問題を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 おくれて登場した「日本帝国」(立憲政治の開幕
  • アジアへの野望-日清戦争 ほか)
  • 第2章 大正デモクラシーの時代(日露戦後社会と民衆
  • 第一次世界大戦と中国侵略 ほか)
  • 第3章 十五年戦争-世界制覇の野望と挫折(満州事変
  • 日中全面戦争 ほか)
  • 第4章 占領と戦後改革(占領の開始と旧体制の崩壊
  • 民主化の進展と憲法改正 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大日本帝国の時代
著作者等 由井 正臣
書名ヨミ ダイニホン テイコク ノ ジダイ
書名別名 Dainihon teikoku no jidai
シリーズ名 日本の歴史 8
岩波ジュニア新書 8
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.11
ページ数 259, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4005003389
NCID BA49276316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20116093
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想