同一性識別の法と科学 : 刑事事件における同一性識別証拠に関するデブリン・レポート

デブリン卿 著 ; 庭山英雄 監訳

本書は、イギリスにおいて1976年に発表されたデブリン・レポート(1)の全訳およびおその理解に資するべく付した若干の解説からなる。デブリン・レポートとは、正式名称を「内務大臣に対する刑事事件における同一性識別証拠に関する部門委員会報告」と称するイギリスの内務大臣に提出された調査報告書の略称である。このレポートは、イギリスにおいて、誤った犯人識別が原因で起きた2つの有名な冤罪事件をきっかけとして、誤判原因の究明のために作成されたものでその内容は、2つの冤罪事件の事実関係の詳細な分析から、法心理学および法社会学上の知見を用いた誤判原因の究明におよんでいる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 ドーティー事件
  • 第3章 ヴィラーグ事件
  • 第4章 公判での証拠と手続
  • 第5章 公判前の手続
  • 第6章 公判後の手続
  • 第7章 マジストレイト裁判所の手続
  • 第8章 要約と勧告

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 同一性識別の法と科学 : 刑事事件における同一性識別証拠に関するデブリン・レポート
著作者等 Devlin, Patrick
Devlin, Patrick, Baron
庭山 英雄
書名ヨミ ドウイツセイ シキベツ ノ ホウ ト カガク : ケイジ ジケン ニ オケル ドウイツセイ シキベツ ショウコ ニ カンスル デブリン レポート
書名別名 Doitsusei shikibetsu no ho to kagaku
出版元 信山社
刊行年月 2000.10
ページ数 276p
大きさ 21cm
ISBN 4797252391
NCID BA49266709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20197524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想