近代家族の曲がり角

落合恵美子 著

わたしたちが当たり前に思っている「家族」は、ある歴史的時代に成立した思い込みにすぎない。家族の常識を相対化する近代家族論の、日本における草分けの一人である家族社会学者の著者が、江戸期から現代までの家族の実像をつぎつぎと解き明かし、現実と理論の間を往還しながら家族の曲がり角の向こう側を描き出す意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代家族をめぐる言説
  • 第2章 アジア家族の近代
  • 第3章 失われた家族を求めて-徳川日本家族の実像
  • 第4章 社会的ネットワークの変容-人口学的世代と家族
  • 第5章 個人を単位とする社会
  • 第6章 労働力不足時代の家事と主婦
  • 第7章 ビジュアル・イメージとしての女-戦後女性雑誌が見せる性役割
  • 第8章 テレビドラマの家族史
  • 補章 家族のゆくえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代家族の曲がり角
著作者等 落合 恵美子
書名ヨミ キンダイ カゾク ノ マガリカド
書名別名 Kindai kazoku no magarikado
シリーズ名 角川叢書 12
出版元 角川書店
刊行年月 2000.10
ページ数 269, 11p
大きさ 20cm
ISBN 404702113X
NCID BA4926655X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20142839
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想