社会的共通資本

宇沢弘文 著

ゆたかな経済生活を営み、すぐれた文化を展開し、人間的に魅力ある社会を安定的に維持する-このことを可能にする社会的装置が「社会的共通資本」である。その考え方や役割を、経済学史のなかに位置づけ、農業、都市、医療、教育といった具体的テーマに即して明示する。混迷の現代を切り拓く展望を説く、著者の思索の結晶。

「BOOKデータベース」より

ゆたかな経済生活を営み、すぐれた文化を展開し、人間的に魅力ある社会を安定的に維持する-このことを可能にする社会的装置が「社会的共通資本」である。その考え方や役割を、経済学史のなかに位置づけ、農業、都市、医療、教育といった具体的テーマに即して明示する。混迷の現代を切り拓く展望を説く、著者の思索の結晶。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ゆたかな社会とは
  • 第1章 社会的共通資本の考え方
  • 第2章 農業と農村
  • 第3章 都市を考える
  • 第4章 学校教育を考える
  • 第5章 社会的共通資本としての医療
  • 第6章 社会的共通資本としての金融制度
  • 第7章 地球環境

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ゆたかな社会とは
  • 第1章 社会的共通資本の考え方
  • 第2章 農業と農村
  • 第3章 都市を考える
  • 第4章 学校教育を考える
  • 第5章 社会的共通資本としての医療
  • 第6章 社会的共通資本としての金融制度
  • 第7章 地球環境

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会的共通資本
著作者等 宇沢 弘文
書名ヨミ シャカイテキ キョウツウ シホン
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.11
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 4004306965
NCID BA49245491
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20132505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想