死のクレバス : アンデス氷壁の遭難

J.シンプソン 著 ; 中村輝子 訳

氷壁初登攀の成功から一転して骨折、墜落、宙づり、パートナーによるザイルの切断という絶望的な状況に陥ったクライマーは、いかにして「死のクレバス」から生還したのか。孤独と不安、パートナーへの猜疑、死への恐怖など、極限状況における人間内部の葛藤と傷ついた肉体との格闘を自ら記した、迫真の山岳ノンフィクション文学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 山の湖の下で
  • 2 氷壁に挑む
  • 3 頂きの嵐
  • 4 稜線上の苦闘
  • 5 事故
  • 6 最後の選択
  • 7 氷に刻まれた影
  • 8 沈黙の目撃者
  • 9 遙か遠くで
  • 10 心の中のゲーム
  • 11 非情な大地
  • 12 時間切れ
  • 13 溢れる涙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死のクレバス : アンデス氷壁の遭難
著作者等 Simpson, Joe
中村 輝子
シンプソン J.
書名ヨミ シ ノ クレバス : アンデス ヒョウヘキ ノ ソウナン
書名別名 Touching the void

Shi no kurebasu
シリーズ名 岩波現代文庫 : 文芸
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.11
ページ数 311, 3p
大きさ 15cm
ISBN 4006020228
NCID BA49242427
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20120735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想