国際結婚の社会学

竹下修子 著

「社会の国際化」「家族の多様化」という言葉を耳にして久しいが、21世紀を目前にした今、これらがますます重要視されてきている。本書では、これら2つのキーワードを包括する現象である国際結婚を取り上げ、通時的な考察を行う。現代の国際結婚についての理解を深め、また将来における行方を予測するためには、その歴史をさかのぼる必要があるとの判断からである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鎖国時代から開国当時までの日本人女性と外国人男性の関係
  • 第2章 明治時代の国際結婚
  • 第3章 日本の植民地主義時代における内鮮結婚
  • 第4章 第二次世界大戦直後の日本人女性とアメリカ兵の関係
  • 第5章 戦争花嫁
  • 第6章 現代の国際結婚
  • 第7章 国際結婚の実証的分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際結婚の社会学
著作者等 竹下 修子
書名ヨミ コクサイ ケッコン ノ シャカイガク
出版元 学文社
刊行年月 2000.9
ページ数 195p
大きさ 22cm
ISBN 4762009830
NCID BA49177642
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20109680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想