大小暦を読み解く : 江戸の機知とユーモア

矢野憲一 著

暦の売買が禁じられた江戸時代に、人々は、「大の月」「小の月」を知るために大小という暦を作りました。その様々なアイデアは、実用を超えたすばらしいものでした。興味津々の暦200枚。巻末に「大小暦早見表(貞享以降)」を付しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 こんな暦がありました(西向くサムライ
  • 不便な旧暦 ほか)
  • 第2章 さあ大小を読み解こう(手はじめの大小
  • 大小の楽しみ)
  • 第3章 日本人の頓知(大小は絵暦ではない
  • 年号さがしを楽しむ)
  • 第4章 日本人のクイズ(どうしてこれが暦?
  • 年号さがしの面白さ ほか)
  • 第5章 江戸と戯れる(初期の大小
  • 忙中閑あり ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大小暦を読み解く : 江戸の機知とユーモア
著作者等 矢野 憲一
書名ヨミ ダイショウレキ オ ヨミトク : エド ノ キチ ト ユーモア
シリーズ名 あじあブックス 25
出版元 大修館書店
刊行年月 2000.11
ページ数 196p
大きさ 19cm
ISBN 4469231665
NCID BA49147437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20132339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想