北朝鮮経済論 : 経済低迷のメカニズム

梁文秀 著

本書は、北朝鮮経済がなぜ、如何にして低迷するに至ったのかを考察する。半世紀にわたる北朝鮮の経済開発総過程に対する、今日的観点での総括でもある。これをメインテーマとして、北朝鮮社会主義経済の普遍性と特殊性、あるいは他の社会主義国との共通点と相違点についても引き出していくものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 経済実績、初期条件、開発戦略
  • 第3章 工業化の構造
  • 第4章 企業の行動様式
  • 第5章 経済開発と対外経済関係
  • 第6章 制限的な「改革」・開放政策
  • 第7章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北朝鮮経済論 : 経済低迷のメカニズム
著作者等 梁 文秀
書名ヨミ キタチョウセン ケイザイ ロン : ケイザイ テイメイ ノ メカニズム
出版元 信山社
刊行年月 2000.6
ページ数 350p
大きさ 22cm
ISBN 479721905X
NCID BA49135347
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20177677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想