環境の基礎理論 : 物理学に基づく : 冷却・循環・エントロピー

勝木渥 著

われわれは、なぜ水を必要とするのか?なぜ食べ物を必要とするのか?こんな自明の質問も物理学からはちょっと変った答が返ってくる。それは地球規模の環境問題にも通ずるものであり、熱学の基本で重要な概念でもある。現象論にとどまっている類書の中にあって、環境科学の理論構築を目指した野心作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 問題提起:「生きる」とはどんなことか
  • 生命と環境
  • 環境としての地球
  • 生物にとっての2種類の低エントロピー物質
  • 光合成
  • 土壌と消化管、生態系
  • 水の重要性
  • エントロピー排棄の多重構造とその階層性
  • 宇宙と人間
  • 生きていくことにともなう物質循環とエントロピー排棄〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境の基礎理論 : 物理学に基づく : 冷却・循環・エントロピー
著作者等 勝木 渥
書名ヨミ カンキョウ ノ キソ リロン : ブツリガク ニ モトズク : レイキャク ジュンカン エントロピー
出版元 海鳴社
刊行年月 1999.5
版表示 2刷
ページ数 285p
大きさ 21cm
ISBN 4875251904
NCID BA41612497
BA49118042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99098141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想