アメリカ法入門・総論

木下毅 著

比較法文化論的アプローチを踏まえて書かれた「アメリカ法総論」。前半を西洋法文化圏-英米法系-アメリカ法族として捉え、後半は法源論、当事者主義、法曹一元制度、陪審制度、連邦法と州法を説明しその特色を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカ法の継受と日本法
  • 第2章 「西洋法文化圏」
  • 第3章 「英米法系」
  • 第4章 「アメリカ法族」
  • 第5章 「英米法系」におけるポストモダン法現象
  • 第6章 法源論
  • 第7章 当事者主義
  • 第8章 陪審制度
  • 第9章 法曹一元制度
  • 第10章 連邦法と州法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ法入門・総論
著作者等 木下 毅
書名ヨミ アメリカホウ ニュウモン ソウロン
シリーズ名 外国法入門双書
出版元 有斐閣
刊行年月 2000.11
ページ数 369p
大きさ 20cm
ISBN 4641047901
NCID BA49105674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20130386
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想