フランス医療の犠牲者たち

ヴェロニック・ルスウール 著 ; 佐藤潔 訳

本書の特色は、著者が中立的な立場を貫き、医療過誤の実態を客観的に描出している点にある。被害者や家族、あるいは支援団体側の言い分に偏ることなく、もう一方の当事者である病院・医師側の証言も取り上げている。この分野における問題解決の糸口が個々の医師を始めとする医学界のモラルの向上だけに止まらず、医療被害者の社会的救済を目的とした補償制度を確立することにある、と著者は考えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生命の木-ある弁護士の挑戦
  • メスと秤-医者と患者の闘争史
  • 立ち上がって歩きなさい-こうしてジョゼットは強くなった
  • ヒポクラテスの罪-医療ミスと法廷
  • 子供がこの世に誕生する時…-ジュリィアンヌを襲った思いがけない不運
  • 私のところに連れてきて…-さまざまな悲劇
  • 秩序と混乱-医師会の暗い過去
  • 見栄につられて-美容整形の誘惑とその代償
  • 永遠の眠り-麻酔医たちの失態
  • 無益な死-臨床医間の対立〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス医療の犠牲者たち
著作者等 Lesueur, Véronique
佐藤 潔
Lesueur V'eronique
ルスウール ヴェロニック
書名ヨミ フランス イリョウ ノ ギセイシャタチ
書名別名 Victime de la médecine

Furansu iryo no giseishatachi
出版元 リヨン社 : 二見書房
刊行年月 2000.11
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 4576007017
NCID BA49084235
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20107514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想