弱くある自由へ : 自己決定・介護・生死の技術

立岩真也 著

「自由」とはなにか、「自己決定」とはなにか、を厳密な論理で追いつめ、自己と他者、個人と国家を再検討し、新しい社会関係の可能性を探る社会学の到達点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 空虚な〜堅い〜緩い・自己決定
  • 2 都合のよい死・屈辱による死-「安楽死」について
  • 3 「そんなの決めないでくれ」と言う-死の自己決定、代理決定について
  • 4 一九七〇年-闘争×遡行の始点
  • インターミッション 障害者運動に賭けられたもの-市野川容考との対話
  • 5 生命の科学・技術と社会:覚え書き
  • 6 未知による連帯の限界-遺伝子検査と保険
  • 7 遠離・遭遇-介助について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弱くある自由へ : 自己決定・介護・生死の技術
著作者等 立岩 真也
書名ヨミ ヨワクアル ジユウ エ : ジコ ケッテイ カイゴ セイシ ノ ギジュツ
出版元 青土社
刊行年月 2000.10
ページ数 357, 25p
大きさ 20cm
ISBN 4791758528
NCID BA4907812X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20195721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想