中国五千年性の文化史

邱海濤 著 ; 納村公子 訳

本書は五千年ぶんの性の資料の探索である。中国では性を文章で読む(あるいは聞く)ことを好み、体位が動物の比喩で三十通りも表現されるなど、漢字を使った言葉による性表現の豊かさは、到底他の文化圏の及ぶところではなく、性の道具と性の方法の多用さ、その点において中国の上をいく文化圏はないことなどがよくわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 子づくりの思想
  • 保精思想
  • 巨陽への憧憬
  • 女の達人たち
  • 下着の話
  • 人をもって人をおぎなう
  • 尼僧の淫乱な犯罪
  • 動物にたとえる
  • 秘具・小道具
  • 小さな足と粽〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国五千年性の文化史
著作者等 納村 公子
邱 海濤
書名ヨミ チュウゴク ゴセンネン セイ ノ ブンカシ
書名別名 Chugoku gosennen sei no bunkashi
出版元 集英社
刊行年月 2000.11
ページ数 286p
大きさ 22cm
ISBN 408781159X
NCID BA49077342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20125756
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想