母子と家族への援助

吉田敬子 著

妊娠や出産がどのように捉えられているかは、国や文化、また同じ日本人でも世代や立場や状況によって異なる。周産期はマタニティブルーや産後うつ病、産後精神病など母親の気分の障害が生じやすい時期である。しかし現状では、医療スタッフや専門家の間でさえ、これらの病態に関する正しい知識が浸透しているとは言い難い。本書は、これら妊娠・出産にかかわる、周産期精神医学、小児科、産婦人科領域の最新の臨床的知見を提供している。母子精神保健では定評のある英国モーズレイベツレム病院で長く臨床経験を積んだ著者による、書き下ろしである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 妊娠や出産はどのようにとらえられているか
  • 第2章 妊娠中および出産時の心理的問題と精神障害
  • 第3章 出産後の精神障害
  • 第4章 精神薬物治療と妊娠・母乳栄養
  • 第5章 母親の精神障害が育児および子どもの発達に及ぼす影響
  • 第6章 産後うつ病はどのように体験されたか-3人の母親からのメッセージ
  • 第7章 妊娠・出産に関連する精神医学の軌跡と今後の課題
  • 第8章 今後の母子精神保健活動の実践に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母子と家族への援助
著作者等 吉田 敬子
書名ヨミ ボシ ト カゾク エノ エンジョ : ニンシン ト シュッサン ノ セイシン イガク
書名別名 妊娠と出産の精神医学
出版元 金剛
刊行年月 2000.10
ページ数 185p
大きさ 22cm
ISBN 4772406689
NCID BA49002332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20146185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想