人はなぜエセ科学に騙されるのか  上巻

カール・セーガン 著 ; 青木薫 訳

宇宙人による誘拐、交霊術、テレパシー、超能力…世にはびこる数々の似非科学を一つ一つ論破し、なぜ、「科学では割り切れない現象」などありえないかを明快に説く。科学する心、つまり「懐疑する精神と不思議さに驚嘆する感性」があれば、科学のふりをしたトンデモ話に惑わされないはずだ。"科学者の良心"セーガン博士の遺書的エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いちばん貴重なもの
  • 第2章 科学と希望
  • 第3章 月の男と火星の顔
  • 第4章 宇宙人
  • 第5章 欺瞞と秘密主義
  • 第6章 幻覚
  • 第7章 悪霊に憑かれた世界
  • 第8章 真の光景と偽の光景の区別について
  • 第9章 セラピー
  • 第10章 ガレージの竜
  • 第11章 悩みの都市
  • 第12章 "トンデモ話"を見破る技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人はなぜエセ科学に騙されるのか
著作者等 Sagan, Carl
青木 薫
セーガン カール
書名ヨミ ヒト ワ ナゼ エセ カガク ニ ダマサレルノカ
書名別名 カール・セーガン科学と悪霊を語る

The demon-haunted world
シリーズ名 新潮文庫
巻冊次 上巻
出版元 新潮社
刊行年月 2000.11
ページ数 406p
大きさ 16cm
ISBN 4102294031
NCID BA48956596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20110094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想