ひろがる高分子の世界

竹内茂彌, 北野博巳 共著

本書では、20世紀初頭シュタウディンガー博士により提唱された高分子という概念が受け入れられた経緯や、私たちの体を形作る生物由来の高分子だけではなく、ダイヤモンドや墨鉛など意外なものも高分子であることをお話します。さらに、20世紀半ばから、人類が多様な化学反応によって、膨大な量の合成高分子を製造してきたこと、それら合成高分子が私たちの身のまわりでいろんな働きをして役立っていることを見ていきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 高分子とは
  • 第2章 高分子をつくる
  • 第3章 自然界の高分子
  • 第4章 高分子のかたち
  • 第5章 高分子に働いている力
  • 第6章 強い高分子
  • 第7章 働く高分子
  • 第8章 かしこい高分子
  • 第9章 環境と高分子

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひろがる高分子の世界
著作者等 北野 博巳
竹内 茂彌
竹内 茂弥
書名ヨミ ヒロガル コウブンシ ノ セカイ
書名別名 Hirogaru kobunshi no sekai
シリーズ名 ポピュラー・サイエンス
出版元 裳華房
刊行年月 2000.10
ページ数 135p
大きさ 19cm
ISBN 4785387262
NCID BA48944349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20122385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想