中央ユーラシア史

小松久男 編

本書は、モンゴル、チベット、東西トルキスタンを中心とする中央ユーラシアの通史である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 中央ユーラシア世界
  • 第1章 草原世界の展開
  • 第2章 オアシス世界の展開
  • 第3章 中央ユーラシアの「イスラーム化」と「テュルク化」
  • 第4章 モンゴル帝国とティムール帝国
  • 第5章 チベット仏教世界の形成と展開
  • 第6章 中央ユーラシアの周縁化
  • 第7章 革命と民族
  • 第8章 現代の選択

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中央ユーラシア史
著作者等 中見 立夫
堀川 徹
小松 久男
林 俊雄
梅村 坦
浜田 正美
石浜 裕美子
書名ヨミ チュウオウ ユーラシアシ
書名別名 Chuo yurashiashi
シリーズ名 新版世界各国史 4
出版元 山川出版社
刊行年月 2000.10
版表示 新版
ページ数 456, 95p
大きさ 20cm
ISBN 463441340X
NCID BA48941307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20122422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想