グローバル化とアイデンティティ

宮永國子 著

グローバルスタンダードによって創り変えられるアイデンティティ。世界経済統合と伝統文化のせめぎ合いから多様な可能性がうまれる。個と集団を同時に見つめる新たなパラダイムの提唱。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 グローバル化(世界規模での経済統合がすべてのはじまり
  • 統合と反統合のせめぎあい
  • グローバル化は世界を同時代化する
  • 再帰的近代化で伝統文化がよみがえる ほか)
  • 第2章 日本の国民文化(国民国家はアイデンティティをスポンサーする
  • 再帰的近代人が日本の国民文化をリードする
  • 再帰的近代人は進化できるか
  • アメリカ社会は解体してから再出発する ほか)
  • 第3章 儀礼によるアイデンティティの創出(国民文化の周辺は西洋と問題を共有する
  • アイデンティティの選択肢として宗教が現れる
  • 儀礼は自己と他者を経験させる
  • 経験の共同体がアイデンティティとなる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル化とアイデンティティ
著作者等 宮永 国子
書名ヨミ グローバルカ ト アイデンティティ
出版元 世界思想社
刊行年月 2000.10
ページ数 241p
大きさ 20cm
ISBN 4790708330
NCID BA48940381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想