ベルリンに壁のあったころ : 共産主義崩壊前夜の東ドイツ

三宅悟 著

ドイツは今年(2000年)10月3日再統一10周年記念日を迎える。この書はベルリンの壁崩壊の1年前まで東ドイツに4年間滞在した著者が、共産主義崩壊までの過程を克明に描いた貴重な歴史の証言である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東ドイツへの道
  • 2章 通勤の風景
  • 3章 職場の風景
  • 4章 社会主義風労働倫理
  • 5章 カネとコネ
  • 6章 治安当局とのかかわりあい
  • 7章 体制に抗して
  • 8章 ライプチヒ・ゲヴァントハウス
  • 9章 東ドイツの史跡巡り
  • 10章 東の風
  • 11章 東ヨーロッパの少数民族
  • 終章 二つの出会い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベルリンに壁のあったころ : 共産主義崩壊前夜の東ドイツ
著作者等 三宅 悟
書名ヨミ ベルリン ニ カベ ノ アッタ コロ : キョウサン シュギ ホウカイ ゼンヤ ノ ヒガシドイツ
書名別名 Berurin ni kabe no atta koro
出版元 東京図書出版会 : 星雲社
刊行年月 2000.10
ページ数 297p
大きさ 19cm
ISBN 4434004255
NCID BA48933513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20118722
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想