明治維新の人物像

宮地正人 編

黒船来航、開国、攘夷思想の抬頭、そして大政奉還へ続く目まぐるしく大きな時代の変化。その激動の中に生きた様々な階層・立場の人々がどのような意識を持ち、近代という新しい時代を迎えたのか。当該時期を多角的に学ぶために必要と思われる諸業績を収録し、表舞台に立った雄藩のみならず草莽の人物をもふまえて、幕末維新史を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 幕末の西洋技術者(大築尚志略伝
  • 名船匠続豊治伝)
  • 2 草莽にみる幕末雄藩(中野半左衛門の活動と勤王志士
  • 国事鞅掌者の映像-伊牟田尚平について)
  • 3 維新期の志士と政治活動(生野義挙の一考察-生野領農民志士小山六郎について
  • 忘れられた草莽の志士「城多董」-その伝説的研究への序章 ほか)
  • 4 変革期の民衆思想とその可能性(幕末の民衆思想-菅野八郎を事例に
  • 伊古田純道の生涯と思想)
  • 5 開化政策と民衆(公議所議員の学校論-喜連川藩公議人秋元与綴録「学校建言集」を中心に
  • 上甲振洋とその思想の帰結について-幕末一朱子学者の反政府思想の形成 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治維新の人物像
著作者等 三好 昌文
三浦 茂政
中沢 市朗
入江 宏
前嶋 雅光
壬生 芳樹
安藤 良平
宮地 正人
岡 茂政
森 安彦
森 繁夫
樋口 雄彦
白山 友正
竹山 靖玄
藤井 善門
近藤 杢
鎌田 永吉
青柳 武明
鯨井 千佐登
萩原 頼平
西村 文則
書名ヨミ メイジ イシン ノ ジンブツゾウ
シリーズ名 幕末維新論集 / 田中彰, 松尾正人, 宮地正人 編 12
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2000.11
ページ数 363p
大きさ 22cm
ISBN 4642037322
NCID BA48931686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20143125
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想