教育改革国民会議で何が論じられたか

河上亮一 著

二〇〇〇年の三月から、小渕前首相の提案によって、識者二六名を集めて、月に二回、首相の私的諮問機関という形で会議が開かれてきた。小渕氏が亡くなったあとは主宰者は森首相に引き継がれた。ここでは、教育基本法にもとづく戦後教育のありかた、現在の教育の荒廃、さらに将来の人材育成の方法をめぐって、激論が闘わされた。それは日本の文化、国家のありかたをめぐる論争でもあったのである。現職の教師としてただ一人委員となった著者が、議論の批評もふくめて、白熱した会議の模様を伝えたのがこの本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 教育改革国民会議の委員に任命される
  • 第一回教育改革国民会議-戦後教育と学校の現状に対する議論
  • 第二回教育改革国民会議-学校現場の惨状に対する議論
  • 第三回教育改革国民会議-臨教審以降の教育改革をめぐる評価
  • 第四回教育改革国民会議-教育の武装解除と再武装をめぐる議論
  • 第一分科会‐第一回会議-学校の教育力の回復をめぐる議論
  • 第一分科会‐第二回会議-文部省改革派との全面対決
  • 第一分科会‐第三回会議-家庭や社会の現実を無視した改革に対する批判
  • 第一分科会‐第四回会議-問題の多い生徒の「排除」をめぐる議論
  • 第一分科会‐第五回会議-教育基本法の改正をめぐる激論〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育改革国民会議で何が論じられたか
著作者等 河上 亮一
書名ヨミ キョウイク カイカク コクミン カイギ デ ナニ ガ ロンジラレタカ
書名別名 Kyoiku kaikaku kokumin kaigi de nani ga ronjiraretaka
出版元 草思社
刊行年月 2000.11
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 4794210132
NCID BA48914701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20122161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想