心理療法とイメージ

徳田完二 ほか著

人間が生きていくうえで、どうしても不可欠と考えられる哲学、宗教、教育などは、心理療法とどう関連するのか。心理療法の現場における最新・最大の話題、研究の最先端を提供する。イメージという捉えがたいものを、心理療法という捉えがたいものに用いるのは、どういうことなのか。心理療法の実際場面において、イメージはいかに大切であり、どのように利用されるのか。夢分析や箱庭療法などの実践例をもとに報告する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 イメージと心理療法
  • 心理療法と両義性-メディアを介したイメージ技法を手がかりに
  • 夢の物語と心理療法
  • 分析心理学における錬金術のイメージと論理
  • こころの傷つきと想像力
  • 対談 芸術と心理療法のあいだ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理療法とイメージ
著作者等 徳田 完二
河合 隼雄
渡辺 雄三
田中 康裕
織田 尚生
多木 浩二
書名ヨミ シンリ リョウホウ ト イメージ
シリーズ名 講座心理療法 / 河合隼雄 総編集 第3巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.10
ページ数 233p
大きさ 22cm
ISBN 4000265636
NCID BA48912116
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20125897
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想