ことばと社会科学

内田義彦 著

どうすれば哲学をふり廻さずに事物を哲学的に深く捕捉し表現しうるか。日常語ではやっていけないから「やむを得ず」専門語を使うのだという意識をもつことこそ、すべての個人の社会科学的認識を深めていく出発点である。そういった意識のなかで、素人の眼と専門家の眼が統一されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 社会科学の視座(根本の学問と個別科学
  • 主体性と客観性 ほか)
  • 2 考えてきたこと、考えること(日本の現場で
  • 現実をいかに見るか ほか)
  • 3 自由への断章(個体と社会科学的思考
  • 方法としての思想史)
  • 4 人間、社会、そして資本-『資本論の世界』をめぐって(なぜ『資本論』なのか
  • 人間と自然との物質代謝過程 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことばと社会科学
著作者等 内田 義彦
書名ヨミ コトバ ト シャカイ カガク
書名別名 Kotoba to shakai kagaku
シリーズ名 内田義彦セレクション / 内田義彦 著 第3巻
出版元 藤原書店
刊行年月 2000.10
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4894341999
NCID BA4890316X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20122420
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想