建築デザインのデジタル・エスキス : CD-ROMによる各種手法の演習

渡辺仁史 編著

建築デザインにコンピューターが利用されはじめて20余年、最近ではそのデジタルデザインがなければ生まれなかったであろう表現が増えている。この傾向は、今後ますます加速していくだろう。本書は、図面作成のためのCADではなく、建築デザインの発想段階においてコンピューターを「デザイン思考の支援ツール」として利用する手法のさまざまを、いくつかの例題を通して紹介している。従来のアナログ的な思考を尊重しつつ、一方でデジタルに物事を捉えることによって全く新しい発想が得られるが、そのイメージの生成ならびに応用の手法を、テキストとCD‐ROMの組合せでわかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • A "かたち"を生成する-造形のルールを発見し、新たなイメージに適用してみる(ルールに従って組み合わせる
  • "かたち"をつくる「原理」をつくる
  • イメージを「選択」して空間に適用する ほか)
  • B 人間の行動をデザインする-利用者の行動特性をデザインに反映させる(「奥行き感」で"かたち"を再構成
  • 歩いて生まれる視界のひろがり
  • 人の流れで通路をデザインする ほか)
  • C 見えないものを、見せる-エスキスの大切な機能のひとつは、描いてみて確かめることである(風の流れを"かたち"にする
  • 音のサイン
  • 音の表情を見る ほか)
  • 総合演習(課題「七つの石」
  • デジタル・デザイン・コンペ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築デザインのデジタル・エスキス : CD-ROMによる各種手法の演習
著作者等 渡辺 仁史
書名ヨミ ケンチク デザイン ノ デジタル エスキス : CD-ROM ニ ヨル カクシュ シュホウ ノ エンシュウ
シリーズ名 エスキスシリーズ 5
出版元 彰国社
刊行年月 2000.10
ページ数 91p
大きさ 21cm
付随資料 CD-ROM1枚 (12cm)
ISBN 4395200559
NCID BA48895775
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20158380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想