金素雲『朝鮮詩集』の世界 : 祖国喪失者の詩心

林容澤 著

1910年の日韓併合以来の不幸な状況下で来日した金素雲は、朝鮮古来の民謡や童謡を日本語訳することで、日本文壇へのデビューを飾った。それによって日本の文人たちの支持を得た彼の活動は、韓国近現代詩の日本語訳へと向かう。本書は、近代文芸の一ジャンルとして確固たる位置を獲得した二十世紀前半の韓国新体詩を日本人に紹介した金の仕事を再評価し、文化交流とはなにかを考えるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 哀傷調の恋歌
  • 第2章 故郷喪失から祖国喪失へ
  • 第3章 名訳か、越権か
  • 第4章 寓意と抒情の迷路-藤間生大との論争を中心に
  • 第5章 韓国と日本の狭間に生きて
  • 第6章 アンソロジーとしての『朝鮮詩集』
  • 第7章 その他の日本語訳詩集
  • 終章 『朝鮮詩集』の評価-親日文学の是非を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金素雲『朝鮮詩集』の世界 : 祖国喪失者の詩心
著作者等 林 容澤
林 容沢
書名ヨミ キム ソウン チョウセン シシュウ ノ セカイ : ソコク ソウシツシャ ノ シゴコロ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.10
ページ数 271p
大きさ 18cm
ISBN 4121015568
NCID BA48895254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20132511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想