アジア型経済システム : グローバリズムに抗して

原洋之助 著

アメリカ主導のグローバリズムが冷戦後の世界を席巻している。この思想を体現するIMFは、経済危機に瀕した国々に緊縮財政や構造改革の実現を厳しく迫った。だが、アジアに対してこの処方箋は有効だったのか。19世紀以来の歴史をみても、ヨーロッパが押しつけた自由主義モデルは、アジアに必ずしもなじんでいない。アジア経済が本来もつダイナミズムを積極的に評価し、新たな地域経済システムのあり方を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 アジアの中の日本
  • 1 グローバリズムという「時代の錯誤」(資本主義
  • 国民経済の原型を求めて)
  • 2 反市場原理主義の知的基盤(市場経済論の再検討
  • 経済システムの社会文脈に特殊的な進化)
  • 3 東アジア型経済システム(自由主義プロジェクト
  • 東アジア型経済システム)
  • 跋 21世紀の発展史観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジア型経済システム : グローバリズムに抗して
著作者等 原 洋之介
書名ヨミ アジアガタ ケイザイ システム : グローバリズム ニ コウシテ
書名別名 Ajiagata keizai shisutemu
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.10
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 412101555X
NCID BA48892314
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20132510
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想