展望日本歴史  24

安田 常雄;佐藤 能丸【編】

思想・歴史(社会)・研究主体の振れ幅と交錯を組みこんだもう一つの思想史を民衆論を軸に描く。戦後の代表的な研究を知る待望の日本史論文ライブラリー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 思想史の方法と戦争体験-一九六〇年代
  • 民衆思想史研究の形成と転回-一九六〇〜七〇年代
  • 思想史の初心と方法の多極化-一九六〇〜八〇年代(初心=思想史を根底で支えるもの
  • 方法の多極化)
  • 発想と方法の現在-新しい方法との接点で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 展望日本歴史
著作者等 佐藤 能丸
安田 常雄
書名ヨミ テンボウ ニホン レキシ
書名別名 思想史の発想と方法

Tenbo nihon rekishi
巻冊次 24
出版元 東京堂
刊行年月 2000.9
ページ数 464p
大きさ 23cm
ISBN 4490305745
NCID BA48851474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20110049
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想